2. お知らせ

「記憶の灯り 希望の宙へ」の出版を記念して、市民公開講演会を開催します。

講師:本康宏史氏(金沢星稜大学教授)

日時:2020年10月10日(土)14:00~15:30

場所:金沢歌劇座(別館)3階大練習室(金沢市下本多町6番丁27番地)

参加は無料ですが、新型コロナの関係で45人限定 マスクの着用をお願いします

「こんな政治のあり方でいいのでしょうか?」「改定から60年迎えた日米安保条約=日米軍事同盟下で起こっている現実を考えます」  このように「2020年日本平和大会学習パンフレット」は学習を呼びかけています。

コロナ禍の下で、このパンフレットを使って大いに学ぼうではありませんか。

石川県平和委員会では、少人数によるミニ学習会などに、要請があれば講師を派遣します。

また、ご希望の方に「2020年日本平和大会学習パンフレット」を領価250円で販売しています。

 

 

「NPO法人未来塾・大人の学び」等が主催するアフガニスタンで医療活動や用水路建設などで活躍し、2019年12月4日にアフガニスタンのジャラーラーバードで銃撃を受け亡くなったペシャワール会現地代表「中村  哲」氏を追悼する企画が実施されます。

日時:9月24日(木)~9月30日(水) 場所:石川県庁19階展望ロビー

企画内容:①パネル展示(10:00~18:00 最終日は15:00まで) ②DVD上映会(9/24・25・27・28 いずれも10:30~ 13:00~ )

入場は無料ですが、企画に賛同いただける方はカンパにご協力ください

問い合わせ: NPO法人未来塾・大人の学び 080-2956-4071(未来塾)

 

「被爆75周年 意見広告をすすめる会」(石川県原水協が事務局)は、被爆75年の今年10月上旬の北陸中日新聞に、核兵器廃絶を求める意見広告を掲載するために、賛同募金を募集しています。(1口1000円 団体の場合はできるだけ3口以上を 締め切り:9月20日

核兵器禁止条約批准国は44ヵ国となっています。(2020年8月25日現在)※批准国が50ヵ国に達すると90日後に条約が発効します

日本政府に核兵器禁止条約への参加・署名・批准を求める意見書を決議した地方議会は、469議会となっています。(2020年9月1日現在)

世界で唯一の被爆国である日本の政府は、いまだに「アメリカの核の傘」に固執し、核兵器禁止条約に背を向けています。大変恥ずかしいことです。

日本政府が真剣に核兵器廃絶に取り組むことや一日も早い核兵器のない世界を実現させることをめさして、ぜひ新聞意見広告にご協力ください。

問い合わせ:意見広告をすすめる会事務局 090-1394-4568(新井田)

賛同金送金先:郵便振替 00720-8-37347  石川原水協 ※通信欄に「新聞意見広告賛同金」と記載してください。また、匿名希望の方は「匿名希望」とご記入ください。

 

8月29日、金沢市内で石川県平和委員会第54回総会を開催しました。

新型コロナ感染防止から、参加人数をおさえての開催となりました。戦争させない石川の会と共同でつくった「記憶の灯り 希望の宙へ」の普及や学習活動、組織拡大などの2020年度活動方針、予算、役員体制を全会一致で確認。

新型コロナで、インターネットを活用した活動スタイルの模索などの提案がありました。

 

<映画の紹介>

石川県の親元を離れて高校3年間を那覇市のフリースクールで過ごした坂本菜の花さんの目を通して沖縄のリアルな現実を捉えたドキュメンタリー。

「肝(ちむ)ぐりさ」とは、沖縄の言葉ウチナーグチで「胸を痛める」という意味。

坂本菜の花さんは、この島ではずっと「戦争」が続いていることを肌で感じた。

沖縄テレビ放送が製作した作品で、同局のキャスターを務める平良いずみがメガホンをとった。第38回「地方の時代」映像祭グランプリ、2018年・日本民間放送連盟賞の報道番組部門で優秀賞を受賞した作品。

 

上映館:シネモンド(金沢市香林坊2-1-1 香林坊東急スクエア 4階)

上映期間:8月8日~8月21日の予定

上映時刻は、シネモンドホームページ、新聞の映画案内などでご確認ください。

【上映スケジュール】

【予告編】

 

 

 

 

8月4日、新日本婦人の会石川県本部、石川憲法会議と共同で、自治体から入手した個人情報を使って18歳になる子どもたちに自衛官勧誘活動をおこなうことを中止するよう、自衛隊石川地方協力本部に申し入れをおこないました。

 

 

戦争させない石川の会と共同で編集をすすめていた新ガイド本「記憶の灯(あか)り 希望の宙(そら)へ いしかわの戦争と平和」が発刊されました。

平和学習のテキストとして活用してください。

好評販売中!

ご購入希望の方は、注文書またはコチラからお願いします。

 

 

「STOP!HENOKO」本土からの辺野古埋め立て用土砂搬出計画を止めよう 請願署名が提起されています。

☞請願署名

朝鮮半島の平和構築に向けて努力が始まっています。6月12日におこなわれた米朝首脳会談では、朝鮮半島の完全非核化と平和体制の構築が合意されました。具体的取り組みも始まっています。北朝鮮は、核兵器・ミサイル実験の中止を表明し、会談後核実験もミサイル発射実験もおこなわれていません。アメリカと韓国も、米韓合同軍事演習を中止しています。

これまで、北朝鮮の脅威を理由に、日本はアメリカの軍事的威嚇に協力し、山口県と秋田県に地上配備型ミサイル迎撃システム(イージス・アショア)の配備をすすめてきました。しかし、北朝鮮の脅威は小さくなりつつあります。イージス・アショアを急いで配備する必要は無くなってきています。

2千億円もかけるイージス・アショア配備の中止を求める署名にご協力ください。

イージス・アショア署名